資産一覧・家計簿公開

2021年 第3次予算案を作成した

210701-TOP

2021年の年頭と3月末に、今年の支出予定を作成しました

210401-2Q

210401-TOP
2021年 第2次予算案を作成した

続きを見る

今年も半分が終わり、修正が必要そうなので第3次予算案を作成しました

支出予定の作成

  • 昨年の支出をもとに、今年の予算計画を立てる
  • 予算案は3ヶ月ごとに見直し
  • 「どのくらいお金が必要か」を把握し、支出に備える

2021年 第2次予算案の内容:支出1,025万円

2021年3月末に、2020年の支出を踏まえて作成したものです(年初から改正)

210401-Yearv2

年初→3月末予算案の変更点

  • 所得税:源泉徴収額が多かったため減少
  • 結婚式:挙式のため増加
  • 交通費:バイトが増えて増加

4〜6月 支出予定と実際に使った金額を比較

2021年4〜6月の支出予定は合計276万円でした

210401-2Q

上記の2つが年間・四半期(4〜6月)の支出予定

これを実際の値と比較します

4〜6月の実績値:支出245万円 (予定-31万円)

210701-Q2

予算案と実績の比較

  • 食費:+25% プロテインや飲み物のまとめ買い分
  • 日用品:+25% 電動歯ブラシの替えなど
  • 趣味:想定内
  • 交際費:誕生日プレゼントで増加
  • 交通費:+70% バイトが増えて増加
  • 衣服・美容:+25% 入浴剤等のまとめ買い
  • 医療費:-66% 矯正歯科の通院頻度が少なめ
  • 書籍代:想定内
  • 水道光熱費:+50% 楽天ポイント支払いができず増加
  • 通信費:NHK受信料(1.3万円)を除くと想定内
  • 住居費:想定内
  • 税金・保険:-25% ふるさと納税のため住民税が減少
  • 医師関連:想定内
  • 家具・インテリア:引っ越しに伴い出費あり
  • 旅費:-85% 日帰り旅行のみ
  • 結婚:-50% 前撮り費用も挙式時にまとめて払う方式だった

全体としては、食費や衣服・美容品などストックのまとめ買いが多すぎる点が問題

食料品ならまだ「災害時に役立つ」など言い訳ができますが、柔軟剤が1年分あっても仕方がないわけで、在庫管理をしっかりする必要がありそうです

 

2021年 第3次予算案を作成:支出1,136万円

半年の生活を踏まえて、作り直しました

第3次予算案は下記

210701-Bugetv3

 

主な修正点

  • 税金・保険:予定納税やふるさと納税のため上方修正
  • 結婚:挙式代が決定したため修正
  • 交通費:今年のバイトがほぼ決定したため修正
  • 食費, 水道光熱費, 通信費, 衣服・美容:同居生活のため上方修正
  • 趣味:iPhoneとMacBook Pro買い替えのため上方修正

「最初(年初)は楽観的になり、現実を知ると(修正案)悲観的になる」という傾向が明らかですね

2021年7〜9月の支出予定:345万円

修正案を踏まえて、次の3ヶ月間 7〜9月(第3四半期)の支出予定を立てました

210701-Q3

2月に引っ越してから一人暮らしでしたが、7月からはいよいよ共同生活になります

食費と水道光熱費は1.5倍、通信費は2倍でとりあえず見込み計算

趣味はiPhone 13が9月発売なら12万円ほどかかる見込み

7〜9月に予想される大型出費

-税金・保険

  • 7月:予定納税1期:33万円
  • 8月:住民税2期:23.5万円

-結婚関連

  • 7月:中間金:40万円
  • 8月:95万円

-旅費

  • 9月:夏休み:25万円

※合計:216.5万円

大型出費、とくに結婚式が控える第3四半期

夫婦二人暮らしをどうしていくか(家計管理を含めて)が今期の課題になりそうです

まとめ

2021年も半分が終わり、どのくらいお金が必要になるか?を改めて考え直しました

2021年に必要なお金を考える

  • 4〜6月の支出は245万円
    (1〜6月で360万円)
  • 1〜12月で1,136万円が必要な見込み
  • 7〜9月は結婚式等で345万円が必要な見込み

予算案は決まったので、毎月末にどのくらいお金を使ったか振り返っていきます

-資産一覧・家計簿公開

© 2021 ドクマガ Powered by AFFINGER5