ガジェット

【iPhone 12 Pro Max】AppleCare+加入よりライノシールドの保護ケース&フィルムの方が割安

201021-TOP

iPhone 12 ProMax購入にあたり、AppleCare+への加入必要性を検討しました。

結論から言うと、短期間で買い換えるならAppleCare+より頑丈な保護ケース・フィルム・リングで落下予防策を講じるほうが割安と判断しました

頑丈な保護ケースとしてはRhinoShiled(ライノシールド)の商品がおすすめです。

追記:実際に購入しました

201210-TOP
RhinoShield Mod NXをiPhone 12 Pro Maxで使う

続きを見る

 

上記結論に達するまでの過程を書いていきます。

今回検討したのは下記3つのパターンです。

  • AppleCare+に加入
  • クレジットカード保険(イオンカード)を利用
  • 保護ケース+保護フィルム(ライノシールド Mod NX)で保護

iPhone 12 Pro Max 保証方法の検討 AppleCare+不要論

AppleCare+はApple公式の保証プラン

AppleCare+はApple公式の端末保証プランです。

追加の料金を払うことで、事故による損傷などの修理が安く受けられます。

具体的な内容は下記の通り

AppleCare+の保証内容

  • メーカー保証(通常1年間)を2年間に延長
  • 電話でのテクニカルサポート(通常90日間)を2年間に延長
  • 過失や事故による損傷での修理料金を減額(最大2回)
  • バッテリーの最大容量が80%未満に劣化した場合、無償で交換

AppleCare+ 盗難・紛失プラン

通常のAppleCare+では、盗難・紛失は保証の対象外ですが、「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」では、これらも保証の対象となります。(最大2回)

AppleCare+ 料金表

AppleCare+の加入値段は端末により異なりますが、iPhone 12 Proの場合は下記のとおりです

AppleCare+2通りと加入なしの場合で比較しています。

AppleCare+比較 金額 画面損傷 その他損傷 盗難/紛失 バッテリー交換
(容量80%未満)
有効期限
保証未加入 0 30,400 状況次第
(上限59,800)
- 7,400 1年間
(通常保証)
AppleCare+ 22,800 3,700 12,900 - 0 2年間
AppleCare+ 盗難・紛失プラン 24,800 3,700 12,900 12,900 0 2年間

例えば画面損傷交換の場合、AppleCare+の加入と損傷時の代金で合計26,500円が必要になります。

一方で使っていれば必ず消耗するバッテリー交換が無償で受けられるのはメリットでしょう

AppleCare+ 特徴

  • Apple公式の保険でありサポートが早い
  • 保険に入るための料金+修理時の代金が必要:画面破損で交換なら合計26,500円〜
  • バッテリー消耗交換も無料になる
  • 保証期間は2年間

保険としてはAppleCare+以外に、クレジットカードに付帯するショッピング保険を利用する方法があります。

クレジットカードの保険利用:イオンカードなら半年間保証

クレジットカードを使って商品を購入した場合、購入した商品の破損等に対応してくれる保険があります。

カードによって規約が異なりますが、スマホも保証対象内なことで有名なのがイオンカードセレクトです。

同カードはイオンで10のつく日(10/20/30日)に買い物をすると5%OFF、年会費も無料とイオニスト必携アイテムです。

このカードのショッピング保険は年間50万円(ゴールドカードなら年間300万円)まで保証され、落下での損傷も対象となり自己負担0円で交換可能です。

201020-AEON

イオンカード ショッピングセーフティ保険

  • 保険期間:購入から180日
  • 保険条件:イオンカードのクレジット決済で購入
  • 自己負担額:0円

カード会社によってはスマホ等の電子機器が対象外になります

保険期間は半年とやや短めですが、自己負担額0円でiPhone購入費以上の追加出費が不要なのは大きい。

ただしイオンカードはポイント還元率が0.5%と低め(毎月10日に買えばポイント2倍)なので、保険を得る代わりにポイント還元率を犠牲にする必要があります。

クレジットカードのショッピング保険(イオンカード) 特徴

  • クレジットカードの保険を利用する方法
  • 保険に入るための追加料金や修理時の自己負担金が不要
  • 保険期間は180日と短め
  • イオンカード自体のポイント還元率は低め

3番目の方法は保険とは異なり、物理的にケースでiPhoneを保護してしまう方法です。

ライノシールド(RhinoShield) Mod NX + 3D耐衝撃画面保護フィルム + スマホリングで落下対策

ライノシールドは頑丈さをウリにしているスマホケースと保護フィルムです。

公式の動画でも頑丈さが伝わってきます。

ただこれが実際どのくらい頑丈なのか、本当に落としても壊れないのかは落としてみるしかないわけですが…

実際に落として検証されているYouTube動画もあるので、それをご参照ください

動画はiPhone 11での検証ですが、770cmから落下させてもiPhoneの損傷はなかったようです。だいたいマンション1階が3mなので、日常利用ならまず大丈夫でしょう。

さらに落下予防のために、バンカーリングのようなスマホリングを付けると安全性が高まります。

スマホリングに指を通してスマホを持つことで落下を予防しつつ、もし落下してしまってもライノシールドで守るという二重体制

Mod NXと保護フィルム・スマホリングを購入した場合、合計金額は8,000円程度となります。

  • スマホケース(Mod NX):3,980円
  • 3D 耐衝撃画面保護フィルム:3,680円
  • バンカーリング(スマホリング):1,500円

※ライノシールドは10%OFFクーポン(上記YouTube動画参照)もあるので2つ合わせて7,000円くらい

3通りの方法を紹介してきましたが、ここからはどの方法が良いのかを比較します。

3方法の比較:RhinoShield装着で画面割れを防ぐのが最もコスパが良い

スマホ損傷で一番よくあるのはiPhoneを使っていて落としてしまい画面が割れた、という状況です。

この場合で検討すると下記のようになります

iPhoneを落としてしまった場合

  • AppleCare+ 加入で画面修理:26,500円/2年以内
  • イオンカードでショッピング保険:0円/半年以内
  • ライノシールド+リングで落下/損傷予防:6,000円弱/ケースが壊れるまで

iPhoneをどのくらいの期間使用するかによって変わりますが、1〜2年で交換することを考えた場合はライノシールド+リングで落下/損傷予防をするのが最も割に合うと考えます。

ただしiPhoneを機種変更せずに長期間使う場合、AppleCare+ならバッテリー交換無料(通常7,400円)を2年目の終わりで確実に利用できるというメリットがあります。

どのくらい自分がスマホを落としやすいかとスマホの予定利用期間を考えて、最適な防御手段を取るのが良いでしょう。

そめくろ
自分は10年間スマホを使っていて、落として画面を割ったことが2回あります。多いのか少ないのか…

今回のまとめ

  • 短期間(1〜2年間)で買い換えるなら、AppleCare+に入らずケースとスマホリングで落下対策するのがおすすめ
  • 1年間で必ず買い換える(毎年新しくする)なら、半年間は保証されるイオンカードも強い
  • AppleCare+のバッテリー交換無料は大きいので、2年以上使うなら入る価値あり
    (2年目が終わる直前に交換可能)

RhinoShield Mod NX + 3D保護フィルム + スマホリングに決定

上記のような検討を経て、RhinoShield Mod NXと3D保護フィルムを購入しました。

スマホは1〜2年で買い替えて、高値で売れるうちにメルカリに出したほうが総合的に良いかなと最近は考えています。

ライノシールドのMod NXと3D保護フィルムは、iPhone 12発表直後のセールで合計5,735円になりました。

201020-Rhinoshield

想定よりだいぶ安くなったのでうれしい

スマホリングは以前購入したまま眠っていた「君の名は。」の商品をセレクト

201020-Ring

そめくろ
あとはiPhone 12 Pro Maxの予約をするだけ!(11/6開始)

追記:スマホリングをつけるとワイヤレス充電が使えないため、リングストラップで代用しています

201216-TOP
ワイヤレス充電とスマホリングの両立【リングストラップ】

続きを見る

-ガジェット

© 2021 ドクマガ Powered by AFFINGER5