ガジェット

RhinoShield Mod NXをiPhone 12 Pro Maxで使う

201210-TOP

iPhone 12 Pro Max用にライノシールド(RhinoShield)Mod NXを購入しました。

シンプルなデザインと頑丈さが売りのケースです

今回はこちらのレビューをしていきます

RhinoShield Mod NXをiPhone 12 Pro Maxで使ってみた

ライノシールドは頑丈なスマホケース

ライノシールドの特徴といえばとにかく頑丈なケースということ

頑丈さに関しては、こちらの落下実験動画が参考になります

実験では770cm(3階の天井くらい)から落としても無傷で生還しています

Apple公式の端末サポートAppleCare+は高いので、加入せず頑丈なケースでしっかり保護したほうが割安です

201021-TOP
【iPhone 12 Pro Max】AppleCare+加入よりライノシールドの保護ケース&フィルムの方が割安

続きを見る

ライノシールドのiPhone用ケースには3種類あり、違いがわかりにくいので簡単に比較

ライノシールド Mod NXとSolidSuit・CrashGuard NXの違いを比較

ライノシールド(Rhinoshield) 違い

  • SolidSuit:背面ありの一般的なケース
  • CrashGuard NX:背面なしのバンパーケース(側面だけ)
  • Mod NX:背面あり/なしを切り替え可能なケース

自分が今回買ったのはMod NXですが、他の2種類との比較を簡単にしておきます

ライノシールド SolidSuit(ソリッドスーツ)

SolidSuitは背面まで含めてカバー可能な全面保護ケースです。

最も一般的なスマホケースの形状です

201209-SolidSuit

  • 全体をしっかり保護できる
  • 背面が塞がれるためiPhone本体のカラーや質感がわかるのはカメラ・コネクタ周辺だけ

ライノシールド CrashGuard NX(クラッシュガード)

CrashGuard NXはバンパーケースと呼ばれる、側面だけを保護するケースです。背面保護はありません

201209-CrashGuardNX

  • 背面ではiPhone本体のカラーや質感をそのまま楽しめる
  • 保護の面ではSolidSuitと比べて不安

ライノシールド Mod NX

Mod NXは複数のパーツに分かれておりバンパーケースとしても、全面保護ケースとしても利用可能です

  • 好みに応じて全面保護ケースとバンパーケースを切替可能
  • 背面プレートを透明なものにすればiPhone本体のカラーが楽しめる

以上が3種類の違いでした

ポイント

結論:Mod NX+透明背面プレートなら全体を保護してiPhoneのカラーも楽しめる

ということで、自分はMod NXを選択しました

そんなライノシールド Mod NXについて紹介していきます

ライノシールド Mod NX レビュー

Mod NXは3パーツから構成 全面保護 or バンパーケースのどちらかを選択

Mod NXの構成パーツは下記の3つです

ライノシールドのパーツ

  • フレーム+ボタンカバー
  • リム
  • 背面プレート
201210-Sets

左からフレーム・リム・背面プレート

使い方は2通りあります

  • バンパーケース(側面のみ保護)
  • 全面保護ケース

バンパーケース(側面ケース)として使用する場合はフレーム+リムを使用

201210-Rhinoshield-BumperCase

一般的な全面保護ケースとして使用する場合はフレーム+背面プレートを使用

201210-Rhinoshield-AllCase

ボタンカバーもフレームから取り外せるので、別のカラーに付け替えて使うことができます(別売)

201210-Rhinoshield-Button

ライノシールド Mod NX 写真で紹介

Mod NXと同時に、保護フィルムも買いました

201210-Package

カラーはホワイト、背面プレートは透明なものを選択

開封してフレームを内側から見ると、蜂の巣(ハニカム)状構造になっています

201210-Rhinoshield-Honey

これが頑丈さの秘訣らしい

フレーム右下の部分にロゴとメーカー名が記載されています

201210-Rhinoshield-LOGO

音量ボタン・電源ボタン部位は保護されており、マナーモードスイッチのみ露出

201210-Buttons

本体下方の充電用Lightning端子およびスピーカー部は穴が開けてあります

比較的余裕があるので、ケーブルをつないで充電するのは問題なく行なえます

201210-Rhinoshield-Lightning

本体左下部分にストラップホールがあります

201210-Rhinoshield-Strap

バンパーケースとしての重量(フレーム+リム)は22gで、全面保護ケースとしての重量(フレーム+背面プレート)は44g

iPhone 12 Pro Maxは230gなので、全面保護ケースを付けると274gになります

201210-Rhinoshield-Weight-3

Mod NXをiPhone 12 Pro Maxに装着してみる

バンパーケース(フレーム+リム)として使用した場合

背面は保護がないので、本体のカラーや質感がそのまま味わえます

201210-Rhinoshield-Bumper

ただやはり、保護という面では少し不安があるのも事実

リムを付けて高さがでるため、カメラの突出がなくなります

201210-Rhinoshield-Side

カメラの飛び出しなし

よってこの向きで置いてもガタガタしない

201210-RhinoShield-Front

全面保護ケースとして利用した場合

質感は感じませんが、透明なケースなので本体のカラーは問題なく楽しめます

201210-Rhinoshield-All

背面保護がしっかりできる分、個人的にはこちらが好み

ライノシールド Mod Nxは装着したまま無線充電(Qi)が可能

ケースが薄めのため、背面プレート装着状態でも問題なく無線充電が利用可能です

201202-AnkerPowerWave10stand-2

Mod NX装着したまま無線充電可能(下の青色LEDランプが点灯)

オススメの無線充電器については別途記事を書きました

201202-AnkerPowerWave10stand-TOPv2
【スタンド型】 Anker PowerWave 10 Stand (改善版)をiPhone 12 Pro Maxで使う

続きを見る

ライノシールド Mod NX まとめ

ライノシールド Mod NX

  • ライノシールドは770cmから落としても本体を保護してくれる超頑丈ケース
  • Mod NX+透明背面プレートなら本体カラーも楽しめる
  • ケース装着したまま無線充電が可能
  • ストラップホールがあり、ストラップ併用で落下予防もできる

公式サイトでは背面プレートの細かいデザイン指定やボタンの追加購入も可能ですが、海外発送なので時間と送料がかかります(5,000円以上で送料無料)

そめくろ
シンプルデザインで良いなら、楽天市場が送料無料でポイントも付くのでおすすめです!

-ガジェット

© 2021 ドクマガ Powered by AFFINGER5