ガジェット

【防水あり】JBL Charge 5はお風呂用スピーカーとしておすすめ

211204-TOP

お風呂でYouTubeや音楽を流す用に、Bluetooth接続のスピーカーを買いました

211201-JBLCharge5-Bath

JBL Charge 5というアウトドアでも使えるタフなモデルです

実際に使ってみて、お風呂専用スピーカーとしてかなり良かったので今回はこのスピーカーを紹介します

JBL Charge 5をお風呂用Bluetoothスピーカーとして利用【レビュー】

JBL Charge 5 商品紹介

まずは簡単に商品を紹介

211201-JBLCharge5-Set

スピーカー本体と充電ケーブル(USB A-USB Type C)、あとは薄い説明書がついているのみです

211204-jblcharge5front

本体下部にバッテリーインジケーターあり

211201-JBLCharge5-TOP

本体上方に音量ボタンや電源ボタンが配置

底面は滑り止めがついているので、ズレる心配はありません

211201-JBLCharge5-Bottom

底面

大きさは600mlのペットボトルくらい、というのが一番わかりやすいでしょう

211201-JBLCharge5-Size

大きさ比較

重さは実測で935gあるので、なかなかズッシリ

211201-JBLCharge5-Weight

そめくろ
持ち歩きも可能だが、やや大変というサイズ感

USB Type-C充電は○

JBL Charge 5の充電形式はUSB Type-Cです

211204-JBLCharge5-USBC

USB-CはMicro USBと異なりオモテウラがないので、コネクタを刺す際のイライラがありません

また上述した通りUSB A-USB Cの充電ケーブルが付属するので、余ったUSB-Aポートで充電できるのも便利です

 

以前使っていた同じJBL Flip4というモデルではMicro USBだったのですが、やはりUSB Type-Cは良いなと感じました

お風呂での使用にベストマッチ

このJBL Charge 5がお風呂での使用に向いている点を挙げてみました

JBL Charge 5 お風呂利用でのメリット

  • IP67防水・防塵でお風呂使用も安心
  • 大きめの音でしっかり鳴らせる
  • バッテリーが長持ち

IP67防水・防塵で安心

JBL Charge 5はアウトドア向きモデルで、公式HPにこんな写真があるくらい

211201-JBLCharge5-Outdoor

どういう状況なのか

それだけあって、防水機能もしっかりしておりIP67等級です

参考:防水機能の指標(IP△×の△が防塵、×が防水)

IP等級 定義
IP△0 特に保護されていない
IP△1 鉛直に落下する水滴を受けても有害な影響がない
IP△2 鉛直から15度以内の範囲で落下する水滴を受けても有害な影響がない
IP△3 鉛直から60度以内の範囲で水滴が噴霧状に落下しても有害な影響がない
IP△4 あらゆる方向から水の飛沫を受けても有害な影響がない
IP△5 あらゆる方向から噴流水を受けても有害な影響がない
IP△6 あらゆる方向から強い噴流水を受けても有害な影響がない
IP△7 一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない
IP△8 連続的に水中に置いても有害な影響がない

つまりこの定義によると、JBL Charge 5は「30分間の水没に耐えられる防水性能」となります

防水テストは真水・常温なので(お湯やシャンプーのあるお風呂では)100%とは言えませんが、安心材料にはなります

シャワーの水音に負けない音が出せる

お風呂で使う場合音質以上に、「大きな音がでる」のがすごく重要

そめくろ
シャワーの水音に負けないボリュームが必要

その点、JBL Charge 5はボリュームを上げればシャワー中でも音楽や会話などがしっかり聞き取れるくらいの音が出せます。これくらいの音量が出せれば、聞こえづらくて困ることはないでしょう

バッテリーが長持ちするため、充電頻度が少ない

お風呂専用として使う場合、バッテリーの持ちも重要

そめくろ
毎回お風呂から持ち出して充電が必要なのは大変です

JBL Charge 5は最大再生時間が20時間と長いので、お風呂オンリーなら1ヶ月に1度くらいの充電で大丈夫です

 

なお“Charge”の名前通り、モバイルバッテリーと機能もあります(7500mAh)
→スマホ2回分くらいのフル充電が可能

お風呂用スマホスタンドとの組み合わせがおすすめ

お風呂でJBL Charge 5を使用する場合、当然スマホをお風呂の中に持ち込みたくなります

そんなときに便利なのがお風用スマホスタンド

自分は浴槽用・洗い場用に2つ設置しています

そめくろ
お風呂に入りながらでも、体を洗いながらでも見やすくて便利

こちらが浴槽側に設置しているタイプです

 

iPhone 13 Pro Maxなど、大型のスマホを横で置いても安定感があります

実は縦置きもできます

211204-Stand

一方、洗い場側に設置しているのがこちらのタイプ

2つのパーツを設置して使うタイプなので、スマホのサイズにあわせて調整できます

上の商品と比較して、壁からの飛び出しが少ないので邪魔になりづらい(→洗い場向き)のがメリット、縦置きをするためには幅を調整する必要があるのがデメリット


今回はJBL Charge 5をお風呂用Bluetoothスピーカーとして活用したら、QOLが爆上がりしたよというお話でした

そめくろ
スマホスピーカーだと入浴中は聞き取りづらいので、専用スピーカーを買うのはオススメ!

-ガジェット

© 2022 ドクマガ Powered by AFFINGER5