ポイントサイト

エムスリーで年間8万円の副収入を目指す

医師の場合、医師用ポイントサイトに登録すると大きな労力をかけることなく月3〜4万円程度のポイント収入を得ることが可能です。

今回はこのようなポイントサイトの一つである、m3.com(エムスリー)について解説します。エムスリーだけでも年間8万円程度は副収入を得ることが可能です。

 

最初に
ポイントサイトに登録するとなにかとメールがくるので、メインのアドレスではなく新規メールアドレスを取得することをお勧めいたします。

個人的なおすすめはOutlookやエキサイトメールです。アカウントを切り替えるの手間があるので、メイン(例えばGmail)とは異なるサービスを利用するのが良いでしょう。

m3.com

m3.com

エムスリー株式会社は、東証一部上場の企業でソニーの関連会社の一つです。

インターネットを活用した医療関連事業を行っており、医薬プロモーション・医療機関支援の他、最近ですとLINEと組んで行っている遠隔診療LINEヘルスケアでも有名でしょうか。

日本国内の登録医師数は27万人以上とのことで、医療系サイトの中でも最大手のものの一つです。

ポイント制度

企業から医薬品情報等の提供を受ける代わりに、医師の側がポイントという形で報酬を得られるのがポイント制度です。

m3.comでのポイント制度は、m3ポイントとアクションというものに分けられており、10アクション=1ポイントという扱いになります。アクション→ポイントへの変換は毎月20日に自動で行われる他、手動でいつでも即時変換可能です。

少しややこしいのですが、2275ポイントで1万円相当のギフト券と交換できるため、1ポイント≒4.4円です。つまり10アクション=1ポイント≒4.4円ということになります。

1ヶ月間で5000円〜7000円程度、年間で8万円程度の副収入を上げることが可能です。

登録について 紹介キャンペーン

m3.com

上記サイトから登録が可能です。

紹介キャンペーンを介して登録すると、紹介された側に3000円相当のポイントが付与されるキャンペーンが開催されています。
キャンペーンを利用しないと0円なので、可能なら登録時に利用されると良いでしょう。

身近に紹介してくれる人が見当たらない場合、当ページ右側のお問い合わせからコンタクト頂ければ私から招待することも可能です。その際は氏名(匿名でも良いです)・メールアドレスを記載してm3紹介希望と記載してくださいね。


ポイント獲得方法

登録は終わったとして、m3.comでのポイント取得方法としては以下の3つが主体です。

      • クリック案件(m3 ToDo Plus・ログインボーナス)
      • アンケート回答
      • WEB講演会視聴+アンケート回答
      • DI station

最初にポイントをお伝えします。

    • アプリを使って毎日のクリック案件をこなす+アンケートに回答
    • WEB講演会を視聴する
    • DI Stationを週に1回チェックすること

以下で詳しく解説します。

クリック案件

サイト上の情報をチェックすることで、ポイントを得るシステムです。m3 ToDo Plusという形でまとめられています。具体的には「今日のTo Do」「今日のログインボーナス」「今日のアクション」の3つがあります。

m3 ToDo Plusというアプリがあり、これを利用すると取り忘れがなく楽になります。スキマ時間に行うさいもアプリの方が便利ですね

特徴的なものとしては「MR君」というものがあり、サイト上で製薬会社が薬剤情報を医師に提供するシステムです。MR君を登録することで、定期的に新着情報がサイト上で通知されるようになります。

新着情報をチェックすると開封で10アクション+コンテンツ(動画など)視聴で10アクションもらえることが多いです。

アンケート

アンケートに関しては、たまに送られてくるものをチェックして回答するという形です。単価が高いものですと、500ポイント(≒2200円)くらいのものもあります。

アンケートが来るとm3.comのサイト上で表示されるので、上記のクリック案件をこなしていれば自然と目に入るはずです。

定期的にくるアンケートがいくつかあるので、それらは逃さず回答しましょう。具体的には2つあります

参加された講演会/WEB講演会についてのアンケート

講演会に参加した際に日時や内容を書くアンケートです

1件10ポイント≒44円となり、常時開催されています

最近入手された医薬品の情報源についてのアンケート

情報を得た医薬品の内容について記載するアンケート

2ヶ月に1回届き、31薬剤以上入力で500ポイント≒2200円となります。

WEB講演会

開催前にお知らせが表示されるので、予約をしておきそれを視聴することになります。

 

講演会の予定終了時間10分前くらいから、視聴後アンケート回答が可能となるのでこれに回答するとポイントが得られることが多いです。講演会に関して、基本的には生配信のものしかポイントは付きません(オンデマンドのものもありますがポイント対象外の事が多いです)

講演会は忘れがちなので、予めカレンダーやリマインダーに登録しておくと良いでしょう(アプリ経由で講演会ページを開くとカレンダーに簡単に登録できます)。

ポイントが取得出来るのは講演会終了間際なことが多いため、それ以外の時間はサイトを開いて流しておくだけでも十分です。

DI Station

DI Stationでは医師が書いた薬剤の口コミなどを見ることができます。

ここではSpecial DIとして、一部の薬剤がピックアップされています。

リンク先の薬剤情報を確認することで最大30アクションを獲得することができます。そこまで頻繁に更新されるわけではないので、1週間に1度のチェックで十分です。

獲得ポイントの出口戦略

先程述べたアクションとポイントについてですが、毎日のクリック案件ではアクションでの加算が、アンケート回答ではポイントでの加算が多くなっています。

m3.comのポイント交換先は豊富で、定番のAmazonギフト券の他にTポイント・Apple製品(iPhone・iPad)・ANA/JALマイル・楽天スーパーポイントなどがあります。他の医師用ポイントサイトではAmazonギフト券以外交換先がない所も多い中で、出口が豊富というのはありがたい点です。

ポイント交換は500円分(120Pt)から可能ですが、ギフト券等については1万円分(2275Pt)を交換する方が交換効率が良いため、貯めてからの方が良いでしょう。

※会員ランクによってポイント交換効率が変わりますが、上述のポイント獲得手段を行っていればプラチナランクを維持することは容易

とくにおすすめなのがTポイントです。TポイントはSBI証券/SBIネオモバイル証券を利用すると株式や投資信託の購入代金に充てることができるので、現金と同等に扱えます。

Amazonギフト券は他の医師用ポイントサイトで溜まりやすいこともあり、過剰になりがちなのでm3.comでは避けた方が良いでしょう。

ポイント交換先は楽天スーパーポイントがオススメ! 次点でAmazonギフト券

まとめ

m3.com(エムスリー)では毎日のクリック案件とWEB講演会、アンケートを中心に月5000〜7000ポイントを目標に収入をあげましょう。クリック案件はアプリを利用すると見落としがなくなり、またスキマ時間に行いやすいです。

ポイント交換先としては楽天スーパーポイントがおすすめです

-ポイントサイト

© 2021 ドクマガ Powered by AFFINGER5