節約

2021年 UQモバイルの乗り換え先はpovoに決定【4大キャリア+サブブランド比較】

210115-TOP

2020年末からドコモのahamoを筆頭に3大キャリアの値下げプランが発表されました

またサブブランドと呼ばれる、UQモバイル/Yモバイルも新プランが発表されました

そこで2021年、どれが最も自分達にあったお得なプランなのか?を検討しました

UQモバイルからの乗り換え先を検討した結果

  • ahamo/povo/SoftBank of LINEはほぼ横並び
  • サブブランド(UQモバイル/ワイモバイル)は店舗サービスがある2分割高
  • 楽天モバイルは無料期間終了後に期待
  • 通話プランの自由度が高いpovoに乗り換え予定

UQモバイルからpovoへの乗り換えを決定【ahamo/povo/SoftBank on LINE vs 楽天モバイル vs サブブランド】

前提:現在はUQモバイル スマホプランR × 2回線 月10GB使用

現在のプランはUQモバイルのスマホプランRというプランです

210115-UQold-1

通話プランが自由に選択できることが魅力です

210115-UQold-2

自分と妻の使用量はだいたい以下の通り

月のスマホ使用

  • 自分:データ通信 10〜15GB, 通話2分
  • 妻:データ通信5〜8GB, 通話30分

これまでの合計料金は5,960円/月でした

UQモバイル 旧プランの料金

  • 自分:通話プランなし 2,980円
  • 妻:通話パック60分 3,480円
  • 家族割:-500円
  • 合計:5,960円/月

このプランは廃止になり、2021/2からくりこしプランMという新プランに移行できます

210115-UQNew-1

これまで通りの契約なら月500円安くなります

UQモバイルにそのまま残った場合の料金

くりこしプランM ×2

  • 自分:通話プランなし 2,480円
  • 妻:通話パック60分 2,980円
  • 家族割:なし
  • 合計:5,460円

ただ、ここで疑問が出てきます

UQモバイル内でこのまま移行するのが良いのか、色々発表された3大キャリアの新プランに移行するのが良いのか?

そこで今回、3大キャリア+楽天モバイル+サブブランド(UQモバイル/ワイモバイル)の新プランを検討してみました

まずは3大キャリア新プラン+楽天モバイルを見ていきます

3大キャリア新プラン(ahamo, Softbank on LINE, povo)+楽天モバイル比較 (2021/3〜)

3大キャリア新プランの比較

3大キャリア新プランを比較してみます

親ブランド docomo KDDI ソフトバンク
ブランド名 ahamo povo SoftBank on LINE
サービス開始 2021年3月
月額料金 2,980円 2,480円 2,980円
データ通信量 20GB
容量超過時速度 1Mbps
音声通話 かけ放題 (5分/1回) なし
(月額500円でかけ放題 5分/1回)
かけ放題 (5分/1回)
契約方法 オンライン限定
割引
  • 家族割:なし
  • 固定回線セット割引:なし
その他 国際ローミング(82カ国)無料

トッピングが選べる

  • データ使い放題:200円/24h
  • かけ放題 (5分/1回):500円/月
  • かけ放題 (24時間):1,500円/月
LINEがカウントフリー(データ通信量に含めない)

新プランはすべて1プランのみで、分かりやすくなりました

povoだけ安そうですが、「データ通信量20GB + 5分間かけ放題」なら全て2,980円です

キレイに横並びですが、最下段のその他に各ブランドの違いがあります

3大キャリア新プランの特長

  • ahamo:海外データローミング無料
  • povo:通話プランなしが選択可能, 200円で24時間データ使い放題などの"トッピング"機能
  • SoftBank on LINE:LINEがカウントフリー(データ制限なし)

楽天モバイル

親ブランド 楽天モバイル
プラン Rakuten UN-LIMIT V
月額料金 2,980円
データ通信量 無制限
(自社エリア外は5GB)
容量超過時速度 1Mbps
音声通話 無制限(Rakuten Link利用時)
その他 1年間無料キャンペーン中(先着300万回線)
割引
  • 家族割:なし
  • 固定回線セット割引:なし(時期によりキャンペーンあり)

3大キャリアの新プランと比べても、なかなか尖っています

楽天モバイルの特徴

  • データ容量が無制限 ※自社エリア内のみ
  • 通話は楽天Linkアプリなら無制限
  • 自社エリアは拡大中

電波の信頼性では劣るものの、データ容量無制限や通話無制限なのは魅力

ただ逆に言うと、

データ容量は20GBでOK、量よりも質が欲しい人は3大キャリア新プランが良い

3大キャリア新プラン+楽天モバイル

3大キャリアは5分かけ放題なら20GB/2,980円でほぼ同じ

それぞれの特徴は下記

  • ahamo:海外データローミング無料
  • povo:通話プランなしが選べる, “トッピング”が可能
  • Softbank on LINE:LINEが無制限に利用可能

楽天モバイルは別枠

  • 楽天モバイル:自社エリアではデータ容量制限なしだが、通信は不安定
    先着300万名まで1年間無料キャンペーン

続いて、サブブランド(ワイモバイル・UQモバイル)の新プランを見ていきます

サブブランド新プラン比較(2021/2〜)

UQモバイル 新プラン くりこしプランS/M/L

UQモバイルの新プランがくりこしプランです

2021年2月から開始されます。こちらは3種類に分かれます

くりこしプラン
(2021/2〜)
S M L
月額料金 1,480円 2,480円 3,480円
データ通信量 3GB 15GB 25GB
容量超過時速度 300kbps 1Mbps
データくりこし 余ったデータ通信量は翌月までくりこし可
音声通話 なし
通話プラン
  • 通話パック (60分/月):500円/月
  • かけ放題 (10分/1回):700円/月
  • かけ放題 (24時間):1,700円/月
割引
  • 家族割引:なし
  • 固定回線セット割引:なし

比較のため旧プラン(スマホプラン)を貼っておきます

スマホプラン
(旧プラン)
S R
月額料金 1,980円 2,980円
データ通信量 3GB 10GB
容量超過時速度 300kbps 1Mbps
データくりこし 余ったデータ通信量は翌月までくりこし可
音声通話 なし
通話プラン
  • 通話パック (60分/月):500円/月
  • かけ放題 (10分/1回):700円/月
  • かけ放題 (24時間):1,700円/月
割引
  • 家族割引:2回線目から-500円/月
  • 固定回線セット割引:-300円/月

何が違うのか?というと、下記のようになります

UQモバイル旧プラン→新プランの変更点

  • 最小容量プラン:データ通信量据え置きで-500円
  • 中容量プラン:データ通信量+5GBで-500円
  • 家族割引・固定回線セット割引は廃止

値下げ&データ量増加と、かなりサービスが向上しました

ただ(同社の)povoなら20GB/2,480円なので、2,480円/15GBのUQモバイルは相対的に割高に見えます

これは店舗サービスの有無で使い分けをして欲しい、ということのようです

  • オンラインのみで完結, 実店舗なしでもOKな人:povo
  • 実店舗でのサービス/相談を受けたい人:UQモバイル

UQモバイル新プラン

旧プランよりデータ容量UP&値下げだが、3大キャリアが安くなり相対的に割高感

店舗サービス重視派ならアリ

ワイモバイル 新プラン シンプルS/M/L

ワイモバイルの新プランがシンプルプランです

2021年2月より開始されます

シンプルプラン
(2021/2〜)
S M L
月額料金 1,980円 2,980円 3,780円
データ通信量 3GB 10GB 20GB
容量超過時速度 300kbps 1Mbps
データくりこし 余ったデータ通信量の翌月くりこし不可
音声通話 なし
通話プラン
  • かけ放題 (10分/1回):700円/月
  • かけ放題 (24時間):1,700円/月
割引
  • 固定回線セット割引:-500円/月
  • 家族割(2回線目から):-500円/月

比較のため、旧プラン(スマホベーシックプラン)は下記です

スマホベーシックプラン S M R
月額料金 2,680円 3,680円 4,680円
データ通信量 3GB 10GB 14GB
容量超過時速度 300kbps 1Mbps
データくりこし 余ったデータ通信量の翌月くりこし不可
音声通話 かけ放題 (10分/1回)標準付属
通話プラン かけ放題 (24時間):1,000円/月
割引
  • 新規割:-700円/月 加入から6ヶ月間
  • 固定回線セット割引:-500円/月
  • 家族割(2回線目から):-500円/月

何が違うのか?というと下記のようになります

ワイモバイル 旧プラン→新プランの変更点

  • 新規割(最初の6ヶ月だけ-700円)が廃止され、わかりやすくなった
  • 国内通話かけ放題(10分以内)が標準から外れた

旧プランとの比較ではメリットがありますが、こちらも(同社の)Softbank on LINEと比べてやや割高に見えます

オンライン専門ブランド/実店舗ありという違いはこちらも同じです

  • オンラインのみで完結, 実店舗なしでもOKな人:SoftBank on LINE
  • 実店舗でのサービスが欲しい人:ワイモバイル

ただワイモバイル新プランは、UQモバイル vs ワイモバイルでも劣勢です

10GB容量帯比較
(2021/2〜)
UQモバイル ワイモバイル
プラン名 くりこしプランM シンプルプランM
月額料金 2,480円 2,980円
データ通信量 15GB 10GB
容量超過時速度 1Mbps
余ったデータ容量の翌月くりこし 不可
音声通話 なし
通話プラン
  • かけ放題 (10分/1回):700円/月
  • かけ放題 (24時間):1,700円/月
割引 なし
  • 固定回線セット割引:-500円/月
  • 家族割(2回線目から):-500円/月

ワイモバイル 新プラン

新規割(7ヶ月目から高くなる)が廃止されわかりやすくなったが、UQモバイルと比べても割高になってしまった

プランの自由度の高さからpovoへの乗り換えを決定

ここまで3大キャリア新ブランド+楽天モバイル+サブブランド新プランを見てきました

比較した結論としては、UQモバイルからの乗り換え先はpovoが最も無難と感じました

UQモバイル→povo乗り換えのメリット

  • UQモバイルの新プランよりデータ通信量が5GB増える(15GB→20GB)
  • 月額料金は2,480円で変わらない
  • 通話プランなしが選べる(これはUQモバイルも)
  • ネット環境のない当直時に、200円で24時間データ無制限は便利

ただ家族割がないため、夫婦同時乗り換えが必須でないのもまた事実です

そめくろ
データ通信量の多い自分はpovo乗り換え、店舗サービス重視の妻はUQモバイル残留が良いかも

UQモバイルからpovoに乗り換えられるのは2021/3から

実はUQモバイル新プランとpovoの開始時期には微妙に違いがあります

ポイント

  • UQモバイル新プラン開始:2021/2/1〜
  • povoサービス開始:2021/3〜(詳細未定)

よって、3月までの間はUQモバイルにとどまるのが無難と言えそうです

なおUQモバイル-au-povo間の移行は2021/4から無料で可能になるとのこと

210115-UQmobile-povo

auとUQ mobile、MNP転出手数料を4月から撤廃 - ITmedia Mobile

そめくろ
いつ始まるかもわからないので、4月に入ってからpovoに移行するつもりで行きます

まとめ:時はスマホ料金戦国時代、サービスの質は上がり続ける

楽天モバイルが「日本のスマホの料金は高すぎる」というセリフと攻めたプランで話題になったのは2020年4月

  • 2,980円/月 ※1年間無料
  • データ通信量無制限 ※自社エリア外は5GB/月
  • 容量超過時速度1Mbps
200115-RakutenMobile

発表当初は値段の安さをウリにできた楽天モバイル

210110-RakutenMobile

菅総理大臣の就任もあり、そこから1年も経たずにスマホ料金戦国自体に突入しました

  • 2020/5〜6:UQモバイル&ワイモバイル新プラン発表 3,480円/10GB
    容量超過時1Mbps&かけ放題 (10分/1回)
  • 2020/12:ahamoとSoftBank on LINE発表2,980円/20GB
  • 2021/1:povo発表 2,980円/20GB

こうして楽天モバイルはすっかり弱くなってしまったわけですが…

4月から始まった1年間無料キャンペーンが終わる、2021/4以降の戦略に期待しましょう

3大キャリア新プラン+楽天モバイル+サブブランド新プランまとめ

  • 3大キャリア新プラン(ahamo/povo/SoftBank on LINE)は20GB/2,980円で横並び
  • 3大キャリアから選ぶなら月額料金・通信量"以外"に注目する
  • 楽天モバイルは相対的に弱体化, 今後に期待
  • UQモバイル新プランは店舗サービス重視ならアリ
  • ワイモバイル新プランは価格でもデータ通信量でもUQモバイルより劣る

-節約

© 2021 ドクマガ Powered by AFFINGER5